2020/10/30 16:34

本日は各ブランドから、秋から冬にかけて使えるアウターなどをご紹介いたします!

まずは新たに取り扱うことになった、「FILA HERITAGE」

このブランドは、まさしくスポーツブランドのFILAから派生したものですが、毎シーズンテーマを変え、普段のギア的なアイテムではなく、非常にファッション性に富んだデザインを発表しているラインです。

テーマが変わるということで、面白いアプローチでシーズン毎に当店に合ったテイストのものを、スポット的に入荷しますので、これからもぜひご注目ください。

今期はシャツとアウターです。

裾のフリンジや襟の形態が面白いシャツと、革で作られることがほとんどのところをコーディロイで仕上げたB-3ジャケット。

2アイテムとも、およそFILAがリリースしたとは思えないコレクションです。

プライスも割と良心的な設定になっていますので、ぜひ一度手にとって見てくださいっ。

次に、STAPLEからは薄手のボマージャケット。


この手のタイプは中綿が厚いか、それとも綿無しのかなり薄手のものかがほとんどでしたが、こちらは少しだけ中綿を入れた、薄過ぎず厚過ぎずの程よい感じになっています。

スタンダードなブラックと、ベースカラーを薄いグリーンにした、色味に特徴のあるカムフラージュの2パターンがリリースされています。

ピジョンの刺繍も、いい存在感になっていますし、羽織ものが必要になってきたこの時期にぴったりのアイテムなので、使いやすさの点からもオススメですっ。

次はOBEY。


ナイロンとフリースのコンビネーションが抜群の「COMMANDO JACKET」。裏地がボアで暖かく、ポケットの配置が秀逸な「EXTERNAL VEST」。

これらを中心にコーディネイトを組み立てると、秋冬の重ね着がまた一段と楽しくなってくると思います。

難しそうで実はそうではないジャケットです。一度お試しになってみてくださいっ!

そして最後にMark Gonzales。
ボアパーカーで、ゴンズの可愛らしい雰囲気にマッチしたアイテムです。

裏地にはナイロンが張ってあり、保温性もなかなかのものです。フルジップで羽織りやすく、軽量という点も良いですし、女性がオーバーサイズで着ても可愛くなると思いますので、幅広い方に見ていただければと思います。

以上、秋冬向けのアウター類をご紹介しました。

段々朝晩も冷え込んできましたし、昼でももう軽めのアウターは必要な時期になりましたのでぜひ一着!!

では。